養育費の相場 ~ 夫の年収350万円~

養育費の金額は、養育費算定表に基づき、算出されるのが一般的です。

このページでは、離婚により妻が子どもと暮らすことになったと仮定し、会社員の夫(別居親)の年収が約350万円の場合の様々なケースに合わせて算定表に基づく養育費の金額をご案内します。
自営業の場合は、金額が異なります。

お子さま1人の場合

ケース①【子が1人で、年齢が14歳まで】

ケース①では、会社員である夫の年収が350万円、妻の職業がパートや会社員など給与所得がある場合で、お子さまの年齢が0歳~14歳までを想定しています。

  • 夫:年収約350万円で会社員
  • 妻:パート、会社員
  • 子ども:1人 (0歳~14歳まで)

上記条件の場合、妻の収入によって、以下のとおりの金額が、算定表から導かれる養育費の金額となります。

妻の収入算定表に基づく養育費の目安
325万円まで月額2万円~4万円
350万円以上月額1万円~2万円


ケース②【子が1人で、年齢が15歳以上】

ケース②では、会社員である夫の年収が350万円、妻の職業がパートや会社員など給与所得がある場合で、お子さまの年齢が15歳以上を想定して養育費の金額をご案内します。

  • 夫:年収約350万円で会社員
  • 妻:パート、会社員
  • 子ども:1人 (15歳以上)

上記条件の場合、妻の収入によって、以下のとおりの金額が、算定表から導かれる養育費の金額となります。

妻の収入算定表に基づく養育費の目安
100万円まで月額4万円~6万円
125万円以上月額2万円~4万円


お子さまが2人の場合

ケース③【子が2人で、ともに年齢が14歳まで】

ケース③では、会社員である夫の年収が350万円、妻の職業がパートや会社員など給与所得がある場合で、お子さま2人の年齢がともに0歳~14歳までを想定して、養育費の金額をご案内します。

  • 夫:年収約350万円で会社員
  • 妻:パート、会社員
  • 子ども:第1子 0歳~14歳、第2子 0歳~14歳

上記条件の場合、妻の収入によって、以下のとおりの金額が、算定表から導かれる養育費の金額となります。

妻の収入算定表に基づく養育費の目安
150万円まで月額4万円~6万円
175万円以上月額2万円~4万円


ケース④【子が2人で、うち1人が15歳未満うち1人が15歳以上】

ケース④では、会社員である夫の年収が350万円、妻の職業がパートや会社員など給与所得がある場合で、お子さま2人の年齢が1人は15歳未満、1人は15歳以上を想定して、養育費の金額をご案内します。

  • 夫:年収約350万円で会社員
  • 妻:パート、会社員
  • 子ども:第1子 0歳~14歳、第2子 15歳以上

上記条件の場合、妻の収入によって、以下のとおりの金額が、算定表から導かれる養育費の金額となります。

妻の収入算定表に基づく養育費の目安
25万円まで月額6万円~8万円
50万円以上225万円まで月額4万円~6万円
250万円以上月額2万円~4万円


ケース⑤【子が2人で、ともの15歳以上】

ケース⑤では、会社員である夫の年収が350万円、妻の職業がパートや会社員など給与所得がある場合で、お子さま2人の年齢がともに15歳以上を想定して、養育費の金額をご案内します。

  • 夫:年収約350万円で会社員
  • 妻:パート、会社員
  • 子ども:第1子 15歳以上、第2子 15歳以上

上記条件の場合、妻の収入によって、以下のとおりの金額が、算定表から導かれる養育費の金額となります。

妻の収入算定表に基づく養育費の目安
50万円まで月額6万円~8万円
75万円以上275万円まで月額4万円~6万円
300万円以上月額2万円~4万円