離婚届

離婚に合意をしても離婚届を提出しなければ、離婚は成立しません。
このページでは離婚届についてご説明します。

離婚届の提出場所

離婚の届け出は、本籍地のある役所、または住所地のある役所に提出します。

離婚届に必要なもの

離婚届の提出以外に特に必要なものはないのですが、本籍地以外の役所で離婚届を提出する場合には、戸籍謄本が必要となります。

離婚届の証人とは

協議離婚によって離婚届を提出する場合、ご夫妻以外の人に証人になってもらう必要があります。この証人は、20歳以上の方(2名を用意する必要があります。)であればどなたでもよく、この証人が離婚届の証人欄に署名押印して、離婚届を提出することが出来ます。

この離婚届の際の「証人」というのはとても不思議な役割で、例えば離婚をするご夫妻と何か個人的なつながりが必要なわけではありません。極端な話し、全くの赤の他人であっても構わないのです。また離婚届に何か不備があっても責任を負うこともありません。単に、離婚届を提出するご夫妻の「届出の意思を確認した」という証人なのです。

このような証人ですが、実際用意するとなると、とても面倒と手間がかかります。
近くにご両親やご兄弟が住まわれていれば比較的頼みもしやすいのですが、そういった方が近くにいなければ、友人や会社関係の人たちに頼むことが一般的です。しかしこのような頼みごとはなかなかしづらいのが現実だと思います。

証人欄へは、必ず証人2名が、自分で署名し、押印しなければなりません。

離婚公正証書と離婚届との関係

よくいただくご質問の中に、離婚届をどのタイミングで出せばよいか?というものがあります。離婚公正証書の作成までは少し時間がかかります(大よそ2週間~3週間程度)。その間何か事情があり、先に離婚届を提出したいと考えられる方もいらっしゃいます。

しかし出来る限りそのような順序は避けるべきだと当事務所は考えております。
と言うのも、離婚届を先に提出して万が一相手方が「離婚公正証書」は作らないと言われてしまうと手の施しようがないからです。

離婚は何が起こるかわかりません。万全を期して、①離婚条件に合意する→②離婚公正証書等の書面に残す→③離婚届を提出する、という順番で手続きを進めていただければと思います。