離婚の際に称していた氏を称する届

離婚の際に称していた氏を称する届とは

離婚をした場合、妻(ここでは結婚によって氏を変更したものとします。)の氏(姓)は、原則旧姓に戻ります。これを今の氏(婚姻中の氏)のまま変更させない手続きが、「離婚の際に称していた氏を称する届」です。

手続き

離婚の際に称していた氏を称する届は、離婚をした日から3ヵ月以内に、所定の書面を役所に届け出ることによってすることができます。ただ通常は離婚届の提出と同時に提出されことが多いようです。

子の氏の変更手続きは不要?

妻が「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出して旧姓に戻らなければ、「子の氏の変更」手続きは不要だと考えている方が多くいらしゃいます。残念ですが、実はそうではありません。
説明が少々複雑になるのですが、妻の氏は「離婚の際に称していた氏を称する届」によって新たに名乗ることになった氏であり、子の氏は出生によって取得した夫と同じ氏ということになります。なんだか「?」がいっぱいになりそうな話しですが、例題で深く掘り下げてみましょう。

  • 鈴木太郎と田中花子が結婚します。
    このとき、妻・花子が名乗る「鈴木」姓を「鈴木A」とします。
  • 長男・一郎が誕生します。
    このとき、長男・一郎が名乗る「鈴木」姓は両親と同じ「鈴木A」になります。
  • 鈴木夫妻が離婚をし、妻・花子が「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出します。
    このとき、妻・花子が名乗る「鈴木」姓は、「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出したことによって取得した「鈴木B」になります。

上記例題に見られるように、妻と子どもの氏は一見同じでも違う氏とみなされ、それが原因で「子の氏の変更」を求める裁判という手続きが必要になるのです。