離婚と保険について

離婚する際に加入していた保険等はどのように取り扱えばよいのでしょうか。
当事務所にもこの保険についてのご相談は特に多いものになります。

解約返戻金について

いわゆる掛け捨てではなく、解約すれば解約返戻金が出るタイプの保険であれば、その解約返戻金が財産分与の対象になります。ただし、結婚前から加入していたものについては、独身中その契約者が支払っていた保険料を考慮しなくてはならないでしょう。

生命保険の受取人について

各保険会社により取り扱いは異なりますが、生命保険の受取人は一定の親族でしかなれないケースが多く、つまり離婚してしまうとその配偶者であった人は受取人にはなれなくなります。離婚に際しては、お子さまやご両親に受取人を変更する必要があるでしょう。

学資保険について

お子さまのために学資保険に加入されているご家庭は多くあるかと存じます。実はこの学資保険は財産分与に際しては隠れた財産になります。被保険者がお子さまになっていたとしても、受取人はご夫妻のどちらでしょうから、学資保険の祝い金や、保険金も夫婦共有財産となり、財産分与の対象になります。
ですが、考えてみれば、お子さまの将来の学費にと加入した保険になりますから、お子さまのためにどのように処理すればよいかを一番に解決を図ってほしいと願います。