離婚と不動産問題

離婚をするにあたり、不動産をお持ちかどうかで条件策定の難易度は大きく異なります。
検討すべき課題は以下のとおりです。

  • 住宅ローン
    住宅ローンがある場合、どちらがそれを負担するのか。また借り換えを検討するのか等、考えるべきポイントが多々あります。
  • 名義変更
    離婚に際して不動産をどちらかの所有と取り決めた場合、それに伴った名義変更(所有権移転登記)をする必要があります。住宅ローンとの関係で検討すべきポイントが多岐にわたります。
  • 税金
    名義変更(所有権移転登記)をする場合に「贈与税」はかかるのか。その他課税される税金にはどんなものがあるのかを考えなくてはなりません。
  • 使用問題
    離婚に際して不動産に一方が居住することとなった場合、その居住を「権利」として担保する必要があります。

住宅ローン問題に関するページに進む