離婚業務研修希望者の募集

このホームページをご覧いただいている方の中には、同業の先生や、これから行政書士になろうとしておられる方もいらっしゃるかもしれません。
その動機は様々でしょうが、今後さらなる増加が予想される離婚業務に興味があって、これから仕事にしていきたいとお考えの方もおられるのではないでしょうか。

しかし離婚実務は本当に大変です。100人いれば100通りの離婚状況がありますし、記載する条項・文言ひとつで今後何年にもわたり多くの人の人生を左右しかねません。しかも絶対に後でやり直しはきかないのです。

また、ケースによっては依頼人やその配偶者の精神状態も非常にデリケートなため、トラブルに発展しやすい業務ともいえます。
私自身、業務開始後しばらくは本当に苦労の連続でした。

そんな時いつも思ったのは「誰か頼れる先輩はいないものか…。」ということでした。しかし、そう都合よく離婚業務に精通している先生はいませんし、おられたとしても気軽に相談というわけにはいきません。(その先生の貴重なお時間を割くことになりますから。)
一方で、実務講座を実施している団体などもありますが、私自身の感想としては、座学と実務はまったく異なります。必要なのは書籍に乗っているような知識ではなく、実務に耐えうる実践的なノウハウなのです。
頼るべきところもなく、結局は1件受注してみて「出たとこ勝負」になってしまい、その結果、被害を被るのは他でもないご依頼者です。

そこで、当事務所では“生きた”離婚実務を経験できる場を提供するとともに、研修後は離婚業務において提携・連携して活動させて頂きたいと考えています。
主な内容としては、あくまで実践的な研修を旨として、離婚業務を執り行う上での注意点(私自身の失敗も詳らかにお話します。)や、過去の事例を基にした離婚協議書作成までのRPG、その他実際の業務に必要となる手続き等(委任契約書や概要書面等の業務付属書面の作成、公証役場業務など)となります。

また、これから行政書士として活躍していこうとしておられる方にとっては、実務に触れるまたとない機会になるはずです。

もちろん胡散臭いDVDや情報販売等ではなく、対面で、そして原則個別にてご指導致します。そうでなければ本当の実務など理解出来るはずもないからです。

詳しい実務研修の内容や、かかる費用についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

「いい加減な仕事はしたくない!」という誠実な先生のご連絡をお待ちしております。

行政書士事務所miraizu 中島 朋典


画像の説明