慰謝料

離婚には慰謝料が付きもの。そんなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、必ずしも離婚の際に慰謝料の支払いが必要なわけではありません。
むしろ、慰謝料を請求するにはそれが発生する理由(根拠)が必要となるのです。

慰謝料とは

離婚時の慰謝料とは、離婚に至る過程において「相手方に不法行為(暴力や不倫など)」があり、その不法行為によって「精神的苦痛」を受けたことによる「損害賠償(による金銭の請求)」のことです。
つまり、「原因(不法行為)」と「損害(精神的苦痛)」の2つが揃って初めて慰謝料が請求できることになるのです。

慰謝料の原因(不法行為)

まずは慰謝料が発生するための原因である「不法行為」についてご説明します。
不法行為は読んで字のとおり「法に違反する」行為のことで、離婚に関係のあるものとしては不貞行為(不倫)や暴力(DVやモラハラ)などがあります。
これに対して離婚理由で最も多い「性格の不一致」や「価値観の相違」は基本的に慰謝料を発生させる根拠にはなりません。

慰謝料の相場

よく「慰謝料に相場はありますか?」とか、「慰謝料はだいたい300万ぐらいですよね。」というご質問をいただくのですが、慰謝料に相場はありません。
過去の裁判の中から似た事例で金額を推測したり請求金額の根拠とすることは出来ますが、それがそのまま認められるわけでもないでしょうし、裁判に至らない段階では、相手方もそれに応じる義務はありません。
ですから極端な話し、相手方がとても酷い浮気をしても取れるお金がなければどうしようもないことですし、些細な原因でも相手方が1000万払うと言えばそれで話しは解決します。