年金分割

平成19年からスタートした年金分割制度。当事務所でもご相談をお受けすることの多いこの年金分割ですが、制度の内容、手続きともに少し複雑でわかりにくいものとなっています。

年金分割とは

そもそも年金分割とは、婚姻期間中の厚生年金等の標準報酬(いわゆる年金の2階部分)を離婚時に分割(改定)する制度になります。
平たく言えば、将来年金が多くもらえる一方から少ない他方へ、支給されるであろう年金額を分けてあげる制度です。(とても簡単に説明していますのでご了承下さい。)

合意分割と3号分割

この離婚時の年金分割には、「合意分割」と「3号分割」という2種類があります。
内容について詳しく知る必要はありませんが、ポイントは、年金分割をすることに「夫婦間の合意」が要るか、要らないかという点にあります。

合意分割

平成19年4月以降に離婚が成立した場合に、夫婦間の合意や、裁判等によって按分割合を定める制度。
離婚に際して年金を分割することに、夫婦間の「合意」が要る。

3号分割

平成20年5月以降に離婚が成立した場合に、平成20年4月以降の標準報酬額を50:50で按分する制度。
離婚に際して年金を分割することに、夫婦間の「合意」が要らない。

手続き

離婚時の年金分割手続きは、必ず離婚後に行います。離婚前には手続きすることが出来ませんので注意が必要です。

  • 場所
    請求者の住所地を管轄する年金事務所(お住まいの最寄の年金事務所とお考え下さい。)
  • 必要なもの
    離婚後の戸籍謄本などが必要となります。
  • 期限
    離婚後、2年以内に手続きをしなければ手続きが出来なくなってしまいます。