子の氏の変更について

子どものいるご夫妻の場合で、例えば妻が親権者となり、その旨記入した離婚届を提出しても、子の戸籍は夫の籍のままとなります。
この場合、子の籍を、夫の戸籍から妻の戸籍へ迎え入れるためには、別途役所で入籍届を提出する必要があるのですが、それに先立ってまず家庭裁判所で「子の氏の変更」について許可を得なければなりません。
「子の氏の変更許可」の申立ては、離婚後の手続きの中でも特に重要なものになります。

このページでは、子の氏の変更許可に関する手続きについて、ご説明します。

なぜ「子の氏の変更」許可が必要なのか

そもそもなぜ、このような裁判所での手続きが必要なのかを最初にご説明します。
そのためにはまず離婚後の戸籍がどのように変化をするのかにつて知る必要があります。
以下、A(夫)とB(妻)が結婚をし、離婚をする、というケースを想定して戸籍の動きを追っていきます。

  • AとBが結婚。
    →Aの戸籍にBが入籍します。
  • AB間に長男Cが誕生。
    →当然CもBの戸籍に入ります。
  • ABが離婚することとなり、BをCの親権者として離婚届提出。
    →Bだけが、Aの戸籍から離脱します。(CはAの戸籍に残ります。)

上記のように、離婚後どちらがその子の親権者になるのかにかかわらず、入籍した側(結婚により苗字を変えた側)だけが戸籍を離れ、子どもは元の戸籍に残ったままとなるのです。

では、単純に子どもを妻の戸籍に入籍させればよいのかというと、そうではありません。
ここがこの手続きの複雑なところなのです。
同じ戸籍に入るためには、同じ姓(苗字)でなければなりません。そのために子の氏の変更許可が必要となるのですが、ここで1つ疑問をお感じになられる方も多いかと存じます。
例えば妻が婚姻中の苗字をそのまま使用する場合、子どもの苗字と当然同じであるはずです。であれば、「子の氏の変更許可」は必要ないのではないでしょうか。
答えは残念ながら「必要」です。
次に先ほどのケースで、今度は「氏(苗字)」に着目して追っていきましょう。

  • 甲山A男と乙川B子が結婚。
    →Bの氏が、Aの氏である「甲山」になります。
  • AB間に長男Cが誕生。
    →当然Cの氏も「甲山」となります。
  • ABが離婚することとなり、BをCの親権者として離婚届提出。
    その際、Bは復氏せず、離婚後も「甲山」姓を名乗ることを選択。
    →Bの氏は「甲山」のままですが、これは離婚時に新たに手に入れた「甲山」であって、AやCの「甲山」とは異なります。

いかがでしょうか。少し混乱するような内容ですが、つまりは離婚後の妻(母親)の氏と子どもの氏は、妻の復氏の選択にかかわらず異なるものという扱いとなり、よって入籍届に先立って、「子の氏の変更許可」が必要となる、という訳なのです。

前置きが長くなりましたが、次からは手続き面の話しに入ります。

家庭裁判所

許可を求める家庭裁判所は、子の住所地を管轄する家庭裁判所となります。

申立人

  • 子が15歳未満➡親権者
  • 子が15歳以上➡その子自身

必要なもの

許可を求めるために必要なものは以下のものとなります。

  1. 申立書
  2. 離婚後の子の戸籍謄本
  3. 離婚後の親権者の戸籍謄本
  4. 申立書(家庭裁判所に備え付けのものがございます。)
  5. 収入印紙800円分

当日の手続き

すべての書類の準備が整うと、いよいよ管轄の家庭裁判所へ向かいます。
所用時間は当然一概には言えませんが、2時間前後と聞いております。
ここで大事のが、「即日審判」を利用できるかどうか、という点です。大きな家庭裁判所では、複雑な案件でなければこの「即日審判」という手続きをとることができ、申し立てたその日に、裁判所から「許可書」をもらうことができます。が、「即日審判」が出来ない家庭裁判所の場合、通常審判となりますから、また後日裁判所に足を運ぶ必要があります。
この「即日審判」の手続きができるかどうかを予めご確認下さい。


画像の説明